ダイエット公開日記
 
ヤセマッチョで人気者♪
 



美容・コスメ

メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム(代謝症候群)(Metabolic Syndrome)とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態。WHO、アメリカ合衆国、日本では診断基準が異なるため注意を要する。以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群などと呼称されてきた病態を統合整理した概念である。

それぞれ単独でもリスクを高める要因であるが、これらが多数重積すると相乗的に動脈硬化性疾患の発生頻度が高まるため、ハイリスク群として予防・治療の対象と考えられてきた。このようなリスク重積状態が偶然に起きたとする考え方と、何かの共通基盤(内臓脂肪の蓄積・インスリン抵抗性・遺伝的背景など)に基づくという考え方があり、近年では特に内臓脂肪の蓄積による肥満が着目されてい る。メタボリックシンドロームでは、内臓脂肪蓄積型肥満=男性型肥満ともいわれている上半身型肥満=リンゴ型肥満に対して注意が呼びかけられている。(一方女性型肥満といわれている洋ナシ型肥満、これは下半身型肥満ともいわれ内臓肥満とはとらえられていない。以前はW/H比、ウェストヒップ比が議論されたこともある。)


ウィキペディア



3月23日(金)19:22 | トラックバック(0) | コメント(0) | 美容・コスメ | 管理

過食症

神経性大食症(しんけいせいたいしょくしょう、Bulimia nervosa、BN)とは一気にものを食べる摂食障害のうち、それに対する代償行為を行うもののことを言う。過食症とも言われる。この場合激しく飲食した後に、嘔吐、下剤・利尿剤・薬物・過度の運動・絶食による代償行為を行う。なお、代償行為を行わないものはむちゃ食い障害と言う。最悪の場合自己嫌悪から自殺を図る事もあり、その確率は拒食症のそれよりも高い。ジェラルド・ラッセル教授によって1979年に提唱され、1980年の米国精神医学会によって摂食障害として承認された。

神経性大食症の人は代償行為を行うため太っていることは少ない。大半は嘔吐や後の絶食・ダイエットなどで体重を保っている。(なお、過食の後に下剤を服用するBNも多いが、下剤や浣腸では食物の吸収を防ぐことはできない。)過食症という名称から誤解されることも多いが、この症状の根底には無理なダイエットに関する考え方がある事が多い。種類としては排出型と非排出型がある。排出型によく見られる自己誘発性嘔吐といった症状は拒食症患者の中にも見られるものである。非排出型の場合、その後で絶食や過度の運動を行う。

もともと神経性大食症は虐待(性的虐待など)がなければ起こりにくいと言われておりかつては「日本では虐待が少ないから大丈夫」などという声もあったが、きちんと多く存在している。実際近年虐待の発覚数が増えてきたため、日本でも状況は似たようなものだったと近年は認識が変わりつつある。なお、虐待を受けた人がこの症状に走ることが多いのは、不足した愛情を食べることで無理矢理補償しているからではないかと言われている。

ウィキペディア



3月23日(金)19:21 | トラックバック(0) | コメント(0) | 美容・コスメ | 管理

低インシュリン・ダイエットでカンタンダイエット方法

「低インシュリン・ダイエット」とは,
インシュリンの分泌を人為的に抑える食生活をするダイエット法です。
低インシュリン・ダイエットでカンタンダイエット方法

インシュリンと低インシュリン・ダイエットでカンタンダイエット方法は,
摂取した糖を体内に取り込むホルモンで,余分な糖を脂肪として体内に溜める働きもします。
低インシュリン・ダイエットでカンタンダイエット方法

インシュリンの分泌を少なくできれば,余分な糖が脂肪になりにくくなります。
そして,食べても太らない=やせるという状況を作ることができるのです。
低インシュリン・ダイエットでカンタンダイエット方法

インシュリンは血液中の糖の濃度(血糖値)が高いほどたくさん分泌されます。
低インシュリン・ダイエットでは,この血糖値が上がりにくい食品を食べることになります。
低インシュリン・ダイエットでカンタンダイエット方法

また,血糖値の上がりやすさを表す,GI値(※)という指標があります。
つまり,低インシュリン・ダイエットの基本食としては,
GI値が低低インシュリン・ダイエットでカンタンダイエット方法い=血糖値が上がりにくい=インシュリンが分泌されにくい食品
ということになります。
※ GI=グリセミック・インデックス

低インシュリン・ダイエットでカンタンダイエット方法
【痩せるダイエットのワンポイント】

痩せる(やせる)体質とは、ダイエットをしなくてもたくさん食べて太りにくい、または普通に食べてもスリムな状態を保つことができるといった体質のことをいいます。痩せる体質には大きく分けると2種類あり、食物の消化吸収能力が低いことによるものとエネルギーの消費が多いことによるものです。低インシュリン・ダイエットでカンタンダイエット方法
前者は同じものを食べても栄養として吸収する能力(吸収量)が少ないという低インシュリン・ダイエットでカンタンダイエット方法理由で太りにくく、生来の体質や病気によるものなので、ならないほうがよいのです。後者は同低インシュリン・ダイエットでカンタンダイエット方法じものを食べて同じだけ活動しても基礎代謝で使うエネルギーが多いため太りにくいというダイエット効果があらわれやすい体質なのです。
低インシュリン・ダイエットでカンタンダイエット方法



3月19日(月)18:16 | トラックバック(0) | コメント(0) | 美容・コスメ | 管理


(1/1ページ)


FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 家電バーゲン